2017年6月26日月曜日

公文書にしない

相変わらず何も明らかにならない。僕らの職場では,例えば学部長選挙等のときを思い浮かべると,ローカルな教員会議で「ちょっと独り言を言いますね。」と発言して,ドロドロしたことを(言いたくない場合も,ばれたときが怖いので,一応はどこかで発言せざるを得ないので)一方的に発言しましたね。暗黙の了解で,その内容は書き留めないし,意見交換もしない一方的な通知になっておりました。それと同じですよ。「直接は言ってない・指示していない」というのは,つまり「ひとりごちた」ってことですね。文科省はよく筆記してくれましたね。でもきっと何も明らかにはならないんだろうなぁ・・・と,ここに独り言を書いてしまったぜ。大丈夫かしらん。ま,しょせん,僕は下種だから問題は生じないね。

フューラー

    WO**W で「帰ってきた・・」を観た。学生時代,某講義で 1930 年代の狂気が民主主義から云々・・・というのを映画化してくれたように観た。喜劇仕立てではあるが,内容はもとより,ending credits を見る限りは真面目に警告をしているようにも取れる。昨今の我が国の政権周辺での動きは大丈夫かなぁ・・・というブログは最近の法律では取り締まられるんだろうか? 不安・・・

2017年6月23日金曜日

K産党がなぜT市場主義

    T市場というブランドはそれほど重要か。一部の人達にとってはそうかもしれないが,例えば大間のマグロをTを通さずに鹿児島に直接売ってくれれば,廉くうまいマグロを鹿児島人は食えるということではないのか。そんなに単純ではないのか? ただ,そこにブランド名は不要であって,味だけが問題。どこで収穫されてもT市場を通すことによって中間搾取をする人達のために,末端が金を遣うというのはどういうことなんだか,僕のような味がわからん人間には全く理解できない。T市場のことなど,全国ニュースではどうでもいいこと。
    某地方公共団体の選挙!? うぅーむ。その地方の有権者がまともならどうでもいいのだ。かつて「一度やらせてみたい」といういい加減な考えで政権交代をさせて大失敗した国民(失敗したのは政党ではなく国民!)の大半が,さて,どうしたらいいかを真面目に考えなければならないだけだ。ただし自由民*党は好きにはなれない。特に今の首相は国外で戦争の手助けをしたいらしいしねぇ。違うの?

2017年6月21日水曜日

あ,そうそう。僕は下種だから,下のような勘繰りができるんですぅ。在職のときも下種の勘繰りはしょっちゅうやってたなぁ・・・下種のどこが悪い! あれ? 下種でいいのかな?と辞書を引くと,下種・下衆・下司は同じらしい。よかったっと。

行政文書に書けるようなことかい?

    政府は何を考えているのか。公文書ではないからこそ書き留められた情報だ。そこが重要なわけで,それが真実だと証言する人間が,国民の利益のために保護されることが重要なわけではないのか。やはり,よくわからない世の中だなぁ。とか書くと問題が生じるのだろうか。首相は多分何も言ってないのだろう。少なくとも直接は。ただ,何らかの利益を濡れ手に得られる者がとりまき辺りにいるのだろう。そして,その人も直接は言ってないのだろう。だからこそ,こういったメモが重要なのではないのだろうか。

2017年6月15日木曜日

センター入試改訂案

    国大協がセンター入試の英語の民間移行を拙速だと言っているらしい。現状の把握と検討が十分ではないからと・・・うぅーむ。大学院入試のほとんどで,第二外国語の試験は無くした上に,民間(しかも国外の)の試験を利用(受験者にとっては入試受験料の値上げに相当)しているくせに・・・である。今,大学院も入試問題は公開が原則となっており,それに耐えるだけの問題が作れないからだ。なのに,学部入試は民間移行しないというのはどういうことだろう。英語の先生のプライドかしらん? ま,いいかぁ。もう関係無いし。