2018年2月20日火曜日

裁量労働制って残業代が出るの?

    なんと!一定の残業代が出るというのだが,大学にいた者としての印象では残業代は出ない。一応は給料は正当に評価されて設定されたものという前提の下,大学人の働き方を裁量労働制と呼んでいるが,その場合は,1) 5分でもいいから出勤して正規の通勤手当を消費すること,2) 出張でない限り任地にはいるが,その任地のどこにいるかは問わないものの,やるべき仕事はして成果をあげること,3) 平日の22時から翌日の6時までと週末は事前の届出無しには超過勤務をしないこと(これって自宅でもするなということではなかった),4) 一ヶ月にある時間数以上の超過勤務をしないこと,5) ただし超過勤務手当ては一切無く,6) 一応の勤怠管理上は 8:30~17:15 が勤務時間で休憩を 45 分入れること,という制限があるものだと認識している。
    実際には,適当な時刻に出勤し,適当な時刻に帰宅し,勤怠管理表には「適切に」記載し,サービス残業も「適切に」実施し,週末等も「適切な」行動をするということになり,結局は 8 時間労働よりははるかに長い時間仕事をするのが裁量労働制であるという認識を持っている。だって,寝ていて夢の中でも計算したり論文書いたりしているしね。呵呵。結局は,政府が推奨する裁量労働制っちゅうのはサービス残業を十分にすることと等価ではないかと感じている・・・のは僕だけだろうか。
    ところで「東京オリパラ」!!! なんじゃぁそりゃぁ! なんでそんなに省略するかねぇ。

2018年2月18日日曜日

某国営放送の発言

    オリンピックくらいはマシかなぁと,おやじに付き合って観ていたが,なぜ面白くないのだろう。台本通りに発声しているのか。民放のアドリブもさすがに本当は台本通りなのだろうが,某国営放送のわざとらしい視聴者におもねった発音よりも,臨機応変という感覚があって思わず引き込まれて笑ってしまう。某国営放送の場合,アナウンサーが笑うのがそもそもまずいし,「えぇーどうして?」という表情や発言もわざとらしく,僕が思わず笑うという状況になったことは一度も無い。また面白いなぁという表現で発言者自身がしゃべるのが民放のよりも格段にわざとらしくて嫌味があるのだ。ともかくも,某国営放送のバラェティ系のニュース番組は,ここ数日のオリンピックについても非常につまらないことが判明した。ま,普段観てない(慣れていない)のが理由かもしれないが,観たいと思わせてくれないのは僕の責任ではないと思う。

なんと間抜けな

    昔評判になり最近復活したロボット AIBO というのが「相棒」だったというのに,車会社の CM で初めて気付いた。ドラマの「相棒」の方は大ファンだが,うかつだった。ま,どうでもいいことではあるが。

2018年2月16日金曜日

羽生選手にプーさん投げ入れ

    えぇー,なんだぁ? と思ってネットを探すと,ご本人が大好きなんだそうだね。プーさんの本名(?)は Winnie-the-Pooh で,Winnipeg で飼われていた熊だということは,もちろんご存知なんだろうなぁ。学会発表で Winnipeg に行ったときに初めて知った。しかし,毎日毎日一日中オリンピック報道。退屈だ。

2018年2月15日木曜日

裁量労働制の方が勤務時間は短い

    厚労省の役人は一体どういう神経をしているんだろう。日本人の性質として,そんなことはあり得ない。厚労省が根拠としているデータには,まさか大学教員は含まれていないとは思うが,含まれていたらもう客観的な根拠にはなり得ない。というのも,大学の裁量労働制は「嘘」だからだ。大学教員は「好きで」大学で仕事をする。おっと一部は違っているという事件も起きてはいるが,おしなべて・・・ということ。そこを労働基準署は理解できない。最近,東北大学工学部では教員も事務員同様に,勤怠管理をコンピュータでやっているらしいが,そんな記録は嘘八百だろう。法定労働時間以上の時間がある限界(100時間かぃ?)を超えないような状況で実験や研究そのものができるわけがない。思いついたときが研究の始まりだ。それは nine-to-five なはずがない。

2018年2月12日月曜日

チェックマークと罰点マーク

    進*ゼミの TV CM で,割り算の問題が不正解のときにチェック(「ヘ」の逆さ)マークが付けられる。そろそろこれを罰点の代わりに使うのは止めた方がいいと思うのだがどうだろう。グローバリゼーションに加担する気は全く無いが,国際的にチェックは「確認」であって「駄目」ではないと思う。といいながら,これに気付いたのは4年生のときに恩師が宿題に付けた記号からだが。その後も,東北大でチェックを「確認」の意味で使うと学生から「これは間違いということですか?」という質問をもらった。いろいろなことを(憲法だけではなく,というか,憲法以外で)見直すべきことはたくさんあると思うが,我が国の首相は興味は無いだろうなぁ。